よこたびブログ

夫婦2人で世界一周🌐✈︎無期限旅人生活

この記事をシェアする

羽田空港でのPCR検査・一時待機

2020.04.04(sat)

 

 

◇◆羽田空港到着後の動き◆◇

14:30 到着(羽田)

15:10  待合室へ

16:20 No.名前シール貼ってもらう(受付)

16:25 検査(綿棒突っ込まれる)

16:30 書類提出

16:40 待機、宿決め

18:00 一時待機ホテル(成田)への移動決定

   入国審査・荷物受け取り・税関

18:40 バスに向け歩き出す

19:30 バスに乗る→成田へ

19:40 出発

20:50 到着

21:30 車内説明、申告書記入

21:50 部屋に入る

 

 

 

 

 


アルゼンチンから

約3日半。

 


約53時間の移動を終えて

予定通りに羽田空港に到着。

 

 

 

到着後もすぐに帰れるわけではない。

 

 

 

4/3から

日本に到着する便すべての搭乗者に

pcr検査の実施することになったため

私たちもその対象となった。

 

 

 

飛行機搭乗後すぐに配られた

・質問表

・申告書

・入国審査表

に加え


着陸後、

・健康相談記録

という書類が配られ、機内で記入。

 

計4枚の書類を持って検査へ。

 

f:id:emiiiiitrip:20200404232931j:image
f:id:emiiiiitrip:20200404233714j:image
f:id:emiiiiitrip:20200404232934j:image

f:id:emiiiiitrip:20200404232941p:image

 

 

 


検疫検査官の許可を待ち

やっと飛行機から降りることができた。

 

 

4枚の書類を持ち、

まず最初の待合室に案内された。

 f:id:emiiiiitrip:20200404233736j:image


ここでは

pcr検査の説明と

空港からの帰宅方法や

2週間の自宅待機についてなど

検査後の説明が行われた。

 

 

 


原則、

pcr検査後は検査結果が出て

陰性を確認できた場合のみ

空港敷地内から出ることができる。

 


とのことだったが、

 


現在、帰国者が増え

検査結果が出るまでに1〜2日

時間を必要としているため

 


自家用車やレンタカーなどの

交通手段を利用して

自宅などの隔離場所へ帰れる人は

検査結果を待たずして

空港を出ることができる。

 

 

 

しかし、

ホテルで待機する場合は

・検査結果が陰性なこと

・滞在先のホテルが決まっていること

が明らかでないと空港指定の待機場所から出ることができない。

 


ざっと、

こんな感じの説明を受け、

順番にpcr検査へ。

 

 

 

まず、受付で書類に番号シールを貼ってもらう。

 

 

続いて、PCR検査,

番号シールを持って

別の場所へ移動。

 


1つ1つ区切られ

椅子が置いてある

簡易的な検査スペースへ。

f:id:emiiiiitrip:20200404233757j:image
f:id:emiiiiitrip:20200404233801j:image


1人1人呼ばれるので

呼ばれたら

検査スペースへ。

 


インフルエンザ検査のように

鼻の粘膜を調べる。

 

 

続いて、

上記4種類の書類を提出。

 

 

自宅への交通手段がある人は

ここで検査は終わり、

入国審査・荷物受け取りに進んで

帰宅できる。

 

 

しかし、

ホテルに滞在する人の場合

空港指定の待機場所で検査結果がでるまで待機する。

 

ホテルが決まっていない場合は

空港の方が周辺のホテルリストを

配布しているので、

それを参考に予約することも可能。

 

f:id:emiiiiitrip:20200404233822j:image
f:id:emiiiiitrip:20200404233818j:image

 

待機場所は

普段、搭乗ゲートに使われているスペース。

 

ここで、

ひとまず休憩。

 

 

検査結果がでるのは

1〜2日後とのことだったので

このまま

ここで夜を越すのかと思いきや、

 

その日のうちに検査結果が出ない場合は

空港側でホテルを手配してくれ

そのホテルが一時待機場所に変わる。

(ホテル代・滞在中の食事は国が負担してくれるそうです。)

 

成田空港近くの

東横インを借り入れ、

一時待機施設にしているため

そこまでバスで移動することになった。

 

(希望すればホテルは行かず、空港の待機スペースにいてもよいが、空港の外に出ることは許されない)

 

f:id:emiiiiitrip:20200404234537j:image

 

一度、空港の外に出るため

入国審査・荷物・税関を通り

空港側が用意してくれた

バスに乗り込む。

 

f:id:emiiiiitrip:20200404234653j:image
f:id:emiiiiitrip:20200404234650j:image

 

移動中やバスの中は

人通りが密着しないよう配慮されており、

 

間隔を十分に取って並んだり、

バスに乗る前の手の消毒、

バスの座席の間引き、

など行われていた。

 

 

ホテルに到着後、

バスの中で

ホテル一時滞在者用の申告書を記入。

f:id:emiiiiitrip:20200404234959p:image

 

1人1部屋割り当てられ、

1人ずつエレベーターに乗って部屋へ。
f:id:emiiiiitrip:20200404234954j:image
f:id:emiiiiitrip:20200404235006j:image

 

今日の場合、

検査結果が出るのに

1日半程かかる予定なので、

このホテルに2泊3日することになる。

 

3日目の朝が来るまで

部屋からは出る事ができず、

食事は

1日3回部屋のドアノブに掛けて支給される。

 

 

この検査結果が出るまでの宿泊費と

1日3回の食事は

国が負担してくれるので

無料です。

 

 

3日目の朝以降、

結果が陰性だとわかった場合

定期循環バスを走らせ

2週間待機するホテルの最寄駅まで

送ってくれるらしい。

 

 

 

 

 

 

\ Follow me!! /

この記事をシェアする