https://blog.with2.net/link/?2023097

よこたびブログ

夫婦2人で世界一周🌐✈︎無期限旅人生活

ボーイング工場見学🇺🇸アメリカ2日目(63日目)

2019.12.16(mon)

 

【※ボーイング工場見学に行くには注意が必要】

 

 

シアトルにはボーイングの工場があり、

工場見学ツアーに参加できる

とネットで見て

せっかくだから行ってみようと

あらかじめネットでチケットを予約していた。

 

ボーイング工場見学と調べると

ネットから誰でも予約できる。

一日何本もツアーを開催しているので、

空いていれば当日飛び込みでも行けるらしい!

 

90分間のツアーで1人25ドル。

 

 

 

チケットを予約したところまでは良かった。

 

googleマップ

「シアトル ボーイング」と調べると

 

f:id:emiiiiitrip:20191221054922j:image

 

ボーイング博物館が出てくる。

 

ここだと思い込み、

11:00〜のツアーに間に合うよう

バスに乗って博物館へ。

 

f:id:emiiiiitrip:20191221054901j:image

 

インフォメーションカウンターの男性に

携帯のツアー申し込み画面を見せて

このツアーに参加したいんですけど

と伝えた。

 

すると

「このツアーはここではないよ。

シアトルではなくてここから1時間くらい(40kmくらい)車で行ったところにあるエバレットのボーイング工場だよ」

 

・・・真っ白。

 

とりあえず、

Thank you.と伝えてその場を離れる。

 

急いで調べると

 

f:id:emiiiiitrip:20191221054942j:image

 

場所はこっちだということがわかった。

"Boeing Future of Flight"

このツアーに参加したかったのだ。

 

 

 

そこから

しんじくんと緊急会議。

 

11時まであと15分だから絶対に間に合わない。

SIMが入ってないから電話できない。

チケット払い戻しもたぶんできない。

タクシーだとお金かかる。

現金15ドルしか手元にない。

公共交通機関使うと3時間かかる。

行かないのは50ドル捨ててことになるからもったいない。

 

 

 

まず、

インフォメーションカウンターの男性にお願いして、Boeing Future of Flightのツアーに電話をかけてもらった。

そして、予約を11時から15時に変更してもらうよう頼んでもらった。

 

f:id:emiiiiitrip:20191221054915j:image

 

しかし、電話が繋がらない。

留守番電話にメッセージを残して

折り返し連絡が来るのを待つこととなった。

 

 

折り返し電話を待っている時間はないので、

電話の件は

インフォメーションカウンターの男性に託し、

私たちはバスで工場見学へ向かうことに。

 

時間変更できなければ行ってもツアーに参加できないのだが、

何か悔しいので行ってみよう!ということで。

 

 

まず、

ボーイング博物館からシアトルの中心部へ。

 

そこからエバレット行きのバスへ乗り換え

約1時間北上。

 

(シアトルでは現金でバスに乗るとチケットをもらえて、同じ会社のバスだと2時間半以内?だと2.75ドルで何回でも乗ることができる。

 

f:id:emiiiiitrip:20191221054905j:image

 

ボーイング博物館からシアトル中心部までは124番のバスに乗車。エバレット行きのバスは512番。512番は会社が違うのか別料金で3.75ドルだった。)

 

f:id:emiiiiitrip:20191221054931j:image

 

 

wi-fiがないため調べることもできず、

どこで降りればいいのか

バスの運転手さんに何度も確認した。

 

エバレット駅で降りればいいよと言われ、

言われた通りに終点のエバレット駅に到着。

 

 

近くのローカルバス運転手さんに

「Boeing Future of Flightに行きたいんだけどどのバスに乗ればいい」と聞くと

 


「ここからだとバスはないよ。途中で乗り換えなきゃダメだったね」

と・・・。

 


私たちの

英語力のせいか、バスの運転手さんが

分かっていなかったのか

乗り換えを間違えた。

 

 


ローカルバスのおじさん3人くらいを巻き込み

Boeing Future of Flightまでの乗り換えを

事細かにレクチャーしてもらい再出発。

 

ここまで来るのに

ボーイング博物館から2時間半くらいかかってる。

 

エバレットには

"Swift"という会社のバスが走っており

そのバスを利用してきた道を戻った。

 

f:id:emiiiiitrip:20191221054928j:image

f:id:emiiiiitrip:20191221054911j:image

 

 

そして、

また別のローカルバスに乗り換え

やっと到着するかと思いきや

ローカルなだけあってすごく遠回りをし出す。

 

バスを降りて、

3:00のツアー開始まであと20分。

 

500mほどの坂を登り

焦りに焦ってやっと到着。

f:id:emiiiiitrip:20191221054935j:image

到着しただけでかなりの達成感。

 

しかし、問題はここから。

ツアーの時間が変更できているかわからない。

 

 

 

かなりテンパって

受付のお姉さんにメールの予約画面を見せつつ

電話して変更をお願いしてもらったことを伝えると・・・

 

「大丈夫ですよ」と笑顔で。

 

安堵と達成感と喜びから

2人で思わずハイタッチ。

 

無事ツアーに参加できました。

 

 

ここまでの達成感がすごくて

ツアーに関しての印象が薄くなってしまったが

貴重な経験だった。

 

ただ、

全部の説明が英語なので

私たちレベルだと

ほとんど内容が入ってこない。

 

なんとなくの説明と

目で見て楽しんだ。

 

ボーイングの工場内は

撮影禁止、私物の持ち込みも禁止されており

開始前にすべてロッカーに預ける。

 

工場見学では

実際に航空機を組み立てている現場を

見ることができる。

 

新型のJALも組み立て途中で

テンション上がりました。

 

好きな人にはたまらない内容のツアー。

機会があれば行ってみたらいいと思う。

 

お土産ショップも充実しており

"BOEING"の服やおもちゃ、ストラップや文房具など…

 

 

f:id:emiiiiitrip:20191221054918j:image
f:id:emiiiiitrip:20191221054938j:image

 

せっかくなのでこれだけ買いました。

 

30%OFFで15ドルくらい。

 

f:id:emiiiiitrip:20191221054847j:image
f:id:emiiiiitrip:20191221054858j:image
f:id:emiiiiitrip:20191221054855j:image
f:id:emiiiiitrip:20191221054852j:image
f:id:emiiiiitrip:20191221054925j:image
f:id:emiiiiitrip:20191221054948j:image

 

 

帰りも2時間半かけて

バスで帰りました。

f:id:emiiiiitrip:20191221054945j:image